NEWS ART /ニュースアート “今日も地球は忙しい”ニュースと話題のキーワードをアートで観る感じる

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
太古の鼓動、遺伝子の中のアルカイックスマイル、そして生きもののもとのダンス 16:25
music art 太古の鼓動、遺伝子の中のアルカイックスマイル、そして生きもののもとのダンス
reference
music: KALA
artist: M.I.A.


ebolan's comment

昨日、今年のベネチア・ビエンナーレで日本代表として出品され、話題になった
加藤 泉の個展を観て来た。そして、今日、M.I.A.のアルバム、KALA を聴いた。

どちらも、なつかしさと新鮮さを同時に感じさせる。

頭ではなく、心というか、遺伝子の奥深く仕舞い込まれた生きものののもとを
探られるような感覚を覚えた。

共に、アフリカ、エジプト、インド、マヤ、アボジリニなど民族的なイメージや
リズム、サウンドを取り入れたものなのだが、これが妙に新鮮。

世の中のデジタル化が進めば進むほど、文明化される以前の“もと”。原意識の
ようなモノを希求する意識が芽生えるのか・・? それとも、単にあたらしいも
のが見当たらず、原初的なもののコラージュに走っているのか。

潮流になりうるかどうかはわからないが、魂が喜ぶんで、とにかく 歓迎!

拍手  ありがとう! 感謝感激! 怒涛の3クリック! 人気ブログランキング

人気ブログランキング
ブログ王
| MUSICART | comments(0) | - | posted by エボラン ebolan
スポンサーサイト 16:25
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>